業界ニュース

【4630万円誤送金】返還拒否の男性はオンカジで全額使ったという噂を調査

編集長
編集長

どうも、編集長です。

1世帯10万円の新型コロナ関連の給付金を、山口県阿武町が誤って全世帯分の4630万円を24歳男性に振り込み、町が返還を求めている問題が現在話題です。

新しい情報として「男性が給付金を全額オンカジに使った」との急展開を見せています。

本記事では、今回の事件の概要を簡単に解説し、オンカジ業界に影響はあるのか等、元オンカジ社員の編集長が個人的な見解を述べます。

  • 山口・阿武町の4630万円の振り込みミス問題で、山口県警は、阿武町の田口翔容疑者(24)を電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕との速報。オンラインカジノと関係のない罪状でした。

ベラジョンカジノは時代遅れ!もっと待遇よく遊べるボーナス豊富なオンカジ紹介記事はこちら:

【優良オンカジ情報】もうベラジョンカジノは時代遅れ!?ベラジョンで遊ぶ必要がない理由を徹底解説ベラジョンカジノは時代遅れ。ベラジョンカジノ以外にももっと優良なオンカジがあります。その理由を徹底解説し、ベラジョンに代わる優良オンカジを紹介します。限定ボーナス情報もこちらからどうぞ。...

山口県コロナ給付金問題 逃亡男性は今どうなっている?

1世帯10万円の新型コロナ関連の給付金を、山口県阿武町が誤って全世帯分の4630万円を24歳男性に振り込んでしまいました。

男性は返還に応じず、罪を償うとの意向を示していましたが、ここで新情報が入ってきました。

「逃亡中の男性、田口翔は給付金を全額オンカジに使った」との急展開を見せています。

本記事では、今回の事件の概要を簡単に解説し、オンカジ業界に影響はあるのかについて、元オンカジ社員の編集長が個人的な見解を述べたいと思います。

山口県コロナ給付金問題 事件のあらまし

コロナ給付金を、山口県阿武町が誤って全世帯分の4630万円を24歳男性に一括で振り込んでしまった事件の最新情報について、簡単に解説した動画はこちらです。

まず、事件の内容を簡単に紹介します。

2022年4月、人口約3000人の山口・阿武町で事件は発生しました。

阿武町は、コロナの影響で生活に困窮する世帯を対象に1世帯あたり10万円を支給する「臨時特別給付金」を463世帯に10万円ずつ振り込みました。ここまではよかったのですが、その後、役所の事務の手続きミスで、同じ町内に住む24歳男性「田口翔」の口座に4630万円を誤って振り込んでしまったのです。

その24歳の男性は1年半ほど前に町の空き家を活用し定住促進を図る制度を利用して田舎に引っ越してきた人物でした。

その上で、事務のミスで、町内に住む24歳の男性1人の口座に4630万円を振り込んでしまったのです。

当然、阿武町は誤って振り込んだお金の返還を求めました。実は男性は一度返還に同意し、銀行まで手続きをしに行ったのですが、その日に急に態度が変わり、「手続きをしない」となったそうです。

その後の2週間で男性は銀行口座のお金をどこかに送金し、最終的には「お金はすでに動かした。もう戻せない。罪は償う」と主張をし始めました。

2022年5月17日、この件について最新情報が入ってきました。

なんと、この男性「田口翔」は振り込まれた4630万円を全額オンラインカジノ (オンカジ) に使ってしまったそうです。

編集長
編集長

この男性はギャンブラーなのか、それとも別の目的でオンラインカジノに入金したのか…謎は深まるばかりです。

山口県コロナ給付金問題 逃亡中の男性、田口翔が4630万円を使ったオンラインカジノとは?

世界で初めてオンライン上のカジノサービスが提供されたのは1996年。そこから約15年の間に急激に成長し、今日では世界中に巨大なオンラインカジノ運営会社が存在します。

さらに2020年のコロナウイルスの影響もあり、ユーザー数は爆発的に増え続けています。

日本でも2019年ごろからオンラインカジノが流行りだしており、家の中でも遊べるエンターテインメントとして注目されています。2022年現在でもさらに市場規模は拡大しています。

オンラインカジノはヨーロッパや東南アジアを中心に、政府からの運営の認可を得て運営されています。

その国々がオンラインカジノを「合法」とみなしており、様々なギャンブルに関するうサービスを提供しています。オンラインカジノはひとつの「エンターテインメント産業」とみなされており、大きな市場規模を獲得しています。

海外ではこのようにオンラインカジノが運営されていますが、日本のプレイヤーが海外のオンラインカジノにアクセスしてギャンブルをすることについては法律的にはどのような立ち位置なのでしょうか?

当サイトでは

  • 「オンラインカジノは合法性が高い」

という立場をとります。

なぜ合法性が高いのか。

結論から言いますと、日本国内の法律では「オンラインカジノ含むオンラインでのギャンブルは違法であるという線引きができない」からです。では、なぜそのような違法性の線引きができないのでしょうか?

以下の解説は、オンラインカジノ含むオンライン上のギャンブル行為について広くあてはまるものになります。

オンカジの違法性の線引きができない理由

オンラインカジノでリアルマネーを賭けてプレイした際に抵触する可能性のある法律は、「刑法185条—187条:賭博及び富くじに関する罪」 (参考:Wikipedia)です。この刑法によると、日本国内で行われている賭博は違法となり、摘発の対象になります。

日本国内で行われている賭博、という条件が重要になっているわけです。オンカジは日本国外で運営されており、日本の賭博罪に抵触はしないというのが我々の共通見解です。

※記事作成者は法律の専門家ではありません。あくまでもオンカジ業界に詳しい人の立ち位置からの意見であることにご注意ください。

オンラインカジノにまつわる日本国内の事件や、オンカジの日本国内での法律的な位置づけについては過去の記事が参考になります。

【最新情報】オンラインカジノは違法?合法?規制強化されるとしたらどうなる?日本におけるオンラインカジノ(オンカジ)の合法・違法性について言及。カジノ法案制定などの最新の関連事例をもとに、将来どのようなルールが制定されるかについても予想を紹介します。...

今回の事件でオンラインカジノの規制に影響はある?

さて、今回の事件でオンラインカジノが世間により認知される形になりました。それが良い認知なのか悪い認知なのかは今後の出方次第ですが……。

オンカジユーザーの中には、この事件が影響してオンカジの規制が強くなり、遊べなくなるのではないか?と心配する方もいるでしょう。

しかし、私はそれについては心配はいらないと思います。

オンカジは海外で運営されており、海外のサービスとして日本人が利用しているという形をとっています。海外資本に対して規制を入れることは現状かなり難しいのではないか?というのが個人的な見解です。

日本政府もギャンブル合法化に向けていろいろ動いているようですし、悪影響が出るような規制はしないのではないでしょうか?

今後の日本カジノ情勢はどうなる?見通しについての過去記事はこちら:

新総理大臣になって日本のカジノ情勢はどう変わる?今後の見通しは?先日、自民党総裁選が終わり、新しく岸田文雄総理が任命されました。日本のオンラインカジノの規制・カジノ法案は今後どういった見通しになるのでしょうか? 当サイト限定のオンカジ入金不要ボーナス情報もこちらから。...
編集長
編集長

この男性はどのオンカジにお金を使ったのか?というのも気になるところですw

オンカジ社員ネットワークで新情報が入り次第また更新します!

GANNETをブックマークよろしくお願いします!

当サイト限定 お得なオンカジボーナス一覧

当サイトから新規登録することで貰える、オンラインカジノの入金不要ボーナス・初回入金ボーナスを利用してオンカジをお得に遊ぼう。

 

こちらもオススメ!