IR法案

【IR法案】日本の統合型リゾート・カジノに関する注目ニュースまとめ!【2020年10月-11月】

博士
博士
どうも、博士です。最近また日本のIR法案(統合型リゾート法案)関係のニュースがいくつかありましたね。計画が遅れに遅れていて、今後どうなるか心配ですよね。ポジティブなニュースがあるとよいのですが…。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた影響で、IRの開業時期が最初に想定していた2020年代半ばから遅れる可能性があると最近国土交通省から報告がありましたね。
結果として、IRの誘致をめざす自治体から申請を受ける時期を9カ月延期し、「来年10月~再来年4月28日」にすることを決めたようです。

IR法案
【IR法案】日本の統合型リゾートIRの今後 コロナウイルスによる開業の遅れは?日本の統合型リゾート、IR法案についてのまとめ記事。 コロナウイルスによる開業の遅れはどうなる?...

今回の記事では、2020年10月-11月にあった、IR法案関係のニュースをいくつか紹介しようと思います。

そしてこの記事の最後に、カジノ開業が待てないあなたに、自宅で安心して楽しめるオススメのオンラインカジノも併せて紹介します。

編集長
編集長
オンラインカジノは自宅で遊べる注目のエンターテインメントだけど、「安全性などの情報がなくて心配」と感じる方もいることでしょう。オンラインカジノでは安全性の問題が起きないようにするために、第三者からの監査が継続的に行われています。当サイトでは一定の基準をクリアしてライセンスを取得した優良オンラインカジノのみを紹介しております。

横浜市のRFCアップデート

2020年10月13日に横浜市はIRに関するコンセプト提案募集 (Request For Concept) の提案概要を公表しました。そして追加でコンセプト提案募集を実施することに決めたようです。

「日本型IRの実現に関すること」というテーマについては、ウィン・リゾーツ、ギャラクシーエンターテインメントジャパン、ゲンティン・シンガポール、SHOTOKU、セガサミー・ホールディングス、メルコリゾーツ&エンターテインメント、ラスベガス・サンズ(途中辞退)を含む7社からのコンセプト提案がありました。

その他にも、ホテルやエンターテイメント施設、商業施設の開発に関する提案や、スマートエネルギー、次世代交通システム、ギャンブル依存症対策、治安悪化対策、マネーロンダリング対策、IRのファイナンスに関する提案についても募集をしているとのことです。

  • 横浜市がRFCの概要を公表
  • 「日本型IRの実現に関すること」「開発事業に関すること」「関連産業に関すること」の3つのコンセプトを募集
博士
博士
横浜市は日本でも有数の大きな都市ですので、このようなエンターテインメント性の高い施設があることで、国内外からの観光客がさらに増え、税収のアップを狙っていることが伺えますね。

菅内閣総理大臣のIR法案に関する答弁

2020年10月28日に衆議院本会議において、菅総理がIR法案に関して答弁を行いました。菅総理は日本の経済を活性化させるために、統合型カジノリゾートのライセンスを取得する計画を支持していると報道されています。

衆議院本会議で行われた質疑応答をまとめて紹介します。

    質問:IRに関する基本方針はいつ公表される予定であるのか、具体的なスケジュールは?
    解答:カジノ管理委員会を含む関係行政機関との協議を行うとともに、その具体的な内容を検討中。スケジュールは未定。

    質問:政府は、カジノを含むIRを巡り、誘致を希望する自治体からの申請受付期間を公表しているが、現在もこの工程に変わりがないか?
    解答:申請を行うことを予定・検討すると回答した都道府県については、政府は引き続き適切に対応する。

    質問:IR施設の運営を担う事業者側も新型コロナウイルスの影響で大幅な経営悪化が見られる。そのような状況の中、政府が想定しているIRの開業時期は2020年代後半という認識で変わりがないのか? また、コロナ禍の厳しい現下において、当初の事業計画通りにIR整備を進められると考えているのか?

    解答:IRの開業時期については、2020年代後半となると想定しており、政府としては、法に基づき必要な準備を進める。

博士
博士
総理は、日本は観光客が長期滞在できる世界レベルの宿泊施設が不足していることを指摘しており、統合型リゾートの計画を進めて地域経済を発展させることは、日本を観光先進国にするうえで重要な取り組みであると発言しました。

ピクセルが長崎IRへの応募を表明

2020年11月16日、国内企業のピクセル (Pixel) が長崎県が実施するIR事業者公募 (RFP) へ応募することを正式に表明しました。
ピクセル社は、エンターテインメン・イノベーション・ディヴェロップメントを軸に事業を展開する複合企業です。実際にカジノゲーミングマシンの開発や、リゾート用地に関する事業を行っています。
ピクセル社は、長崎県佐世保市が統合型カジノリゾートに「非常に適した」場所になると宣言したと報じられています。

どうして長崎はカジノの有力候補地の一つに?

  • 長崎は中国・韓国などのアジア各国からのアクセスが非常に良いこと
  • ハウステンボスなどの既に完成したリゾート施設があり、初期投資が少なくて済むこと
  • カジノ誘致の支持率が高い地域であること
博士
博士
ネガティブなニュースばかりでしたが、IR計画が進むようなポジティブなニュースもちらほら出てきましたね。今後に期待です。

IR完成が待てない?オンラインカジノで遊ぼう

さて、遅れはありますがIRカジノ計画も着々と進んではいるようです。しかし完成はずいぶん先になると思われます。IRカジノが待てないそこの貴方。オンラインカジノでエンターテインメントを先取りしてみませんか?

しかし、オンラインでカジノゲームをする際にこんな不安はないでしょうか?

  • イカサマされるのでは?
  • 入出金しても反映されない?
  • 安全性は?

そういった安全性の問題が起きないようにするために、オンラインカジノでは第三者からの監査が継続的に行われています。オンラインカジノ側が合法的なライセンスを取得し、安全性の管理に努めています。

ライセンス」がどのようなものであるかはコチラの過去の記事が参考になります。

オンラインカジノ ライセンス発行機関
【オンラインカジノのライセンス】どこ?国は?誰が発行してるの?オンラインカジノは安全? 信頼できるライセンスを取得しているオンラインカジノは安心してプレイできます。第三者機関による監査もあるのでイカサマをするメリットもありません。...

 

オンラインカジノ選びのポイント

博士
博士
さて、オンラインカジノで遊びたい!となったときにどのオンラインカジノを選べばよいのでしょうか?さまざまなオンラインカジノが世の中にありますが、日本人プレイヤー向けにおすすめしたいカジノ選びのポイントは以下の3つです。

  • 入金・出金がスムーズに行える
  • 日本語によるサポートが充実している
  • 遊べるゲームの数が多い

当サイトと提携しているオンラインカジノは、こちらの3つの基準をすべて満たしています。よかったらオンラインカジノ選びの参考にしてみてくださいね。中には当サイト限定の入金不要ボーナスを提供しているカジノもあります。ぜひ利用して、お試しでオンラインカジノの魅力を体験してみてください!

ボンズカジノ (Bons Casino)

ボンズカジノ (Bons Casino) 入金不要$40ボーナスはコチラ↓

ボンズカジノ入金不要ボーナス
【スマホ版】ボンズカジノ(Bons Casino) 入金不要ボーナスのもらい方 ボンズカジノに新規登録 必要事項を...

 

 

スロッティベガス (Slotty Vegas)

スロッティベガス (Slotty Vegas) 入金不要$30ボーナスはコチラ↓

【スマホ版】スロッティベガス 入金不要 ボーナスの貰い方     新規登録方法       必要事項の入力   ...

 

ユースカジノ (Yous Casino)

ユースカジノ (YOUS CASINO) ボーナス情報など徹底解説!!ユースカジノ (YOUS CASINO) の入金ボーナス情報と総合的mな評判について解説しています。ユースカジノはサポート・ボーナス・遊べるゲーム数・入金出金手段において業界最高峰のカジノです。...

カジノミー (Casino.me)

オンラインカジノを攻略せよ。 Casino.me (カジノミー) の魅力を徹底分析!Casino.me (カジノミー) はカジ旅の運営会社が新しく設立した、攻略型オンラインカジノという新しいコンセプトのカジノです。盛りだくさんのボーナスを利用してお得にオンラインカジノを遊びましょう!...

ウィニングキングス (Winning Kings)

ラッキーニッキーの姉妹カジノ Winning Kings (ウィニングキングス) 徹底解説!ボーナス情報も!ラッキーニッキーの運営会社が新しくリリースしたオンラインカジノカジノ Winning Kings (ウィニングキングス) 徹底解説。ボーナス情報も記載しています。...
博士
博士
最近のIRカジノ法案に関するニュースをお届けしました。また動きがあれば記事を書こうと思います。アディオス!!!
こちらもオススメ!