【紹介カジノ】
オンラインカジノ ライセンス発行機関

 

当オンラインカジノは正式なライセンスを取得して運営されています』といった文言を見かけること、よくありますよね。今回はそのライセンスを発行している機関をご紹介します。

 

そもそもライセンス発行機関とは

オンラインカジノを運営する場合、正式なライセンスを取得する必要があります。このライセンスは、オンラインカジノのウェブサイト上でよく見かけるマルタやキュラソーといったところが発行しているものです。

 

取得する機関によって差はありますが、ライセンスの取得は非常に厳しい審査を通過しなければならず、また多額の資金も必要となります。また、ライセンスを取得したカジノは発行元機関の監視下に置かれ、不正行為がないか常に監視されます。

 

ライセンス発行元一覧

マルタ共和国(MGA)

 

マルタ共和国は、イタリアのシチリア島南部に位置する小さな島国。南ヨーロッパの共和制国家であり、EUにも加盟している一つの国家、国です。公用語はマルタ語と英語で、留学先としても有名です。人口は約40万人、首都はバレッタ。

ビーチが美しいことで知られ、リゾート地として栄えています。マルタにはカジノ関連の企業がたくさんあり、私の知り合いもマルタに住んでいますが非常に快適に過ごすことができるそうです。

マルタ共和国

画像引用元:https://www.travel.co.jp/

ここのライセンスは数あるライセンスの中で取得が難しいと言われているマルタのライセンスを取得しているオンラインカジノは信頼できると言われています。ちなみにライセンスを保有するだけで年間約400万円を支払う必要がありますし、これに加えて売り上げから%を支払う必要があるなど結構な金額がかかってきます。

 

BtoCライセンスとBtoBのライセンスを発行しているので、オンラインカジノ側にゲームを提供するNetEntなどのソフトウェア会社もここのライセンスを取得しています。

 

 

ジブラルタル

ジブラルタル ライセンス

 

イベリア半島の半島に位置するジブラルタル。スペインのように見えますが、実はイギリス領の自治政府です。過去の戦争でイギリスがスペインから奪った土地であり、現在でもスペイン側が返還を求めているようです。

 

自治政府とは、独立した国ではないものの、ある程度自分たちのことは自分たちで決めることができるという特殊な場所です。イスラエルのパレスチナ自治政府なんかは聞いたことがあるかもしれません。

 

ジブラルタルはパイロット泣かせの世界一危険な空港があることで有名です。滑走路が短く着陸しにくいのです。とても小さな島で、人口も3万人しかいません。

ジブラルタル国際空港

画像引用元:wikipedia

 

ここのライセンスを維持するには高額な手数料が必要で、さらに実績のある企業にしか発行しないため、しっかりと運営体勢が整っている一流企業しか取得できないと言われています。みんな大好きPagmatic Play、Red Tiger、NetEntなんかもジブラルタルのライセンスを取得しています。ジブラルタルのライセンスを取得している企業はこちらから確認できます。

 

マン島

マン島ギャンブルライセンス

 

マン島はイギリスとアイルランドの間に浮かぶ島。自治権を持った英国王室属領国という特殊な立ち位置で、公用語はマン島語と英語。人口は約9万人。

 

マン島は死者が多数出るバイクレース(マン島TTレース)なんかで有名ですが、金融とITが発展している島でもあります。

マン島 ギャンブル

画像引用元:https://business-finance-international.com/

オンラインカジノのみならず、オンラインカジノに提供するゲームのソフトウェア会社やランドカジノに対してもライセンスを発行しています。

 

キュラソー

キュラソー ギャンブル

 

カリブ海に浮かぶオランダ領の島。こちらも連邦国家オランダ国家の構成国という特殊な国。公用語はオランダ語、パピアメント語、英語。面積は種子島とほぼ同じで、約15万人の人々が暮らしています。

ラム酒やキュラソー産オレンジを使用したリキュールも名産品となっており、島内では売春も認められている。その特殊な土地柄、タックスヘブンと呼ばれ資産家が口座を持っていることも。首都のウィレムスタットはユネスコの世界遺産に登録されており、観光地としても有名です。

 

ここのライセンスは特殊で、キュラソー政府が4社にマスターライセンスを与えており、このマスターライセンスを保有している企業がオンラインカジノなどにサブライセンスを与えることができます。

 

 

 

まとめ

オンラインカジノのライセンス発行機関をご紹介しましたが、何気なく見ていたライセンス名が違って見えるようになったのではないでしょうか。日本ではこの辺りの情報が少なすぎるんで、余計にオンラインカジノを悪とする風潮が強いように思います。

 

しかし、実際はしっかりした機関が監査をし、不正ができない仕組み作りもしっかり行われています。ここで紹介した機関以外にもオンラインカジノ向けのライセンス発行機関は存在しますが、信用度合いは不明です。

 

重要なことは、まずそのオンラインカジノのライセンスを確認すること。必ずウェブサイトの下部辺りなどに記載されています。怪しいウェブサイトはそもそもライセンスが記載されていない場合があります。

 

紹介ライセンス保有カジノ一覧

キュラソーライセンス

【ボンズカジノ】

ボンズカジノ

 

大手が運営する信頼のカジノ。今なら入金不要、登録だけで$40分のチップがもらえます!

もらい方↓

 

【ロキカジノ】

LOKIカジノ

【ガンズベット】
ガンズベット(Gunsbet)入金ボーナス

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事