オンカジスロット徹底解析

ブシドー (Bushido ways xNudge) の攻略―低額フリースピン・高額フリースピン購入はどちらが強いのか分析!

博士
博士

どうも、博士です。

以前の記事でお知らせしたとおり、GANNETでスロット解析部が立ち上がりました!

第二回は、ノーリミットシティの人気スロット、ブシドー (Bushido ways xNudge) の攻略です。

ノーリミットシティの台は超高配当が期待できる高額FS購入と低額FS購入が選べます。

今回は、どちらを買ったほうがお得なのか?どちらのほうが勝てるのか?を検証してみました。

第一回は、日本人に超人気のスロット「ムーンプリンセス100 (Moon Princess 100)」を3万回転回した結果を解析しました。

ムーンプリンセスの解析結果はこちら:

【3万回転データ】ムーンプリンセス100 (Moon Princess 100) のデータ徹底解析 どのフリースピンを選べばよいか判明!オンカジスロット人気機種ムーンプリンセス100 (Moon Princess 100) のデータを徹底解析。3万回転のデータをもとに、様々な指標を計算しています。どのフリースピンを選択すればよいか判明!? オンラインカジノスロット徹底解析はGANNETだけ!...

オンカジスロット解析カテゴリーはこちらから:

他に解析してほしいスロットがあればTwitterアカウントまでご連絡ください!

 

 

ブシドー (Bushido ways xNudge) の攻略

ブシドー (Bushido ways xNudge) のフリースピン購入のデータ、攻略情報を記載。

合計400回のフリースピン購入時のデータで、各種フリースピンの挙動を解析しています。

ブシドー (Bushido ways xNudge) 機種基本情報

以下がブシドー (Bushido ways xNudge)のスロット基本情報になります。

  • ブシドー (Bushido ways xNudge)
  • プロバイダー: Nolimit City, ノーリミットシティ
  • 1,024-12,288 ペイライン
  • RTP: 96.10%
  • 最大倍率: 30,000x
  • ボラティリティ:高 (9/10) 
  • ベット範囲: 0.20/100
  • リリース日:2021年4月13日

ノーリミットシティのスロットは高ボラティリティの台が多く、超高配当が狙える仕様です。San Quentin などが代表作ですね。

このブシドーメガウェイズも最高配当30,000倍かつボラティリティも高い台となっています。

フリースピン購入は低額・高額の2種類から購入できます。

Shogun Spins Geisha Spins
金額 ベット額の75倍 ベット額の700倍
特徴 ワイルドリールがランダムに出現。 中央にマルチプライヤー付きワイルドが固定。別にワイルドリールも出現する。
アップグレード 低確率でGeisha Spinにアップグレード! ×
  • 低額BUYのShogun Spinsでは、2-4リールのどこかに拡張ワイルドリールが出現して、うまく絡むと高配当が期待できる。
  • 低確率で、中央のリールにワイルド芸者シンボルが出現。その場合はGeisha Spinsにフリースピンがアップグレードされる。
  • 高額BUYのGeisha Spinは中央のリールに1-4倍のマルチプライヤーが付いた固定ワイルドシンボルが出現。フリースピン中は永続的に固定される。
  • さらに別ラインにも拡張ワイルドが出現するので、うまく組み合わさると超高配当が獲得できる。

ここまでは公式情報です。

このスロットを打ったことのあるプレイヤーは、多くの金額を使って、高額BUYで超高配当を狙いにいこうかチャレンジしようと考えたことがあると思います。

結論から言ってしまうと、それは良くない勝負の仕方です!

データ分析の結果から、高額のフリースピンは実はそれほどボラティリティが高くなく、購入金額周辺の配当が返ってくることが多く、じわじわと残高を減らしながら負けていくことがわかりました。

一方で、低額のフリースピン購入は優秀であることが判明。

低額購入でそれほど残高を減らさずに、低確率でのフリースピンアップグレードを狙い、それを引いて超高配当を当ててから勝ち逃げする、という立ち回りがベストだと思いました。

ボラティリティの指標を計算してみたところ、高額フリースピンよりも低額フリースピンのほうがボラティリティが高く、勝ち逃げに適したフリースピンであることがわかりました。

博士
博士

今回の解析では、フリースピンを200回購入×2種類行い、様々なデータ指標を計算してみました。

ここからはその結果を紹介します。

ブシドー (Bushido ways xNudge) フリースピンデータ解析と攻略情報

ブシドー (Bushido ways xNudge) 低額FS購入データ

まずは、ブシドー (Bushido ways xNudge) の低額フリースピン購入(ベット額の75倍) を200回行ったときデータ分析結果を解説します。データ解析の結果をもとに、攻略方法についても紹介します。

まずは残高推移関係のデータです。ここではベットサイズは1ドルで統一しています。

START MONEY $1000
END MONEY $-143.27
実践RTP 92.38%

実践RTPとは、1ドルベットしたときに平均何ドル返ってくるかを表します。実践なので200回の購入の平均です。理論値が96.10%ですが、こちらは通常スピンでのRTPなため、低く出ていると考えられます。

次にフリースピンの配当関係のデータや、アップグレード確率を紹介します。

配当倍率を見てみると、アップグレードがあった場合に超高配当を獲得している傾向にあります。

マルチプライヤーで頻度が一番高いものは3倍でした。

FS配当倍率平均値 69.2837
FS配当倍率中央値 37.15
FS配当倍率最大値 1761.2
FS配当倍率最小値 1.1
勝率 21.11%
FS配当変動係数 2.2781
アップグレード確率 7.5% (約13.33回に1回の頻度)

また、ここでの変動係数はボラティリティを表す数値です。

変動係数は標準偏差 (配当の分散の√) を平均値で割ったものになります。

標準偏差でボラティリティを比較しない理由は、今回のフリースピンは購入金額に差があり(つまり平均値に差が大きい)ため、普通の標準偏差で比較するとフェアではないからです。

標準偏差を平均値で割って調整することによって、平均値に大きな違いがある場合のボラティリティの指標を同じ基準で比較することができます。

スロットの公式情報では、ボラティリティは高・中・低程度しか公表していませんが、当サイトではボラティリティを数値化して他のスロットや同機種内のフリースピンと比較できるようにしています。

  • 変動係数 = √(配当倍率の分散)/平均値

変動係数が大きければ大きいほど、ボラティリティが高いことを示します。

博士
博士

この変動係数というボラティリティの指標を利用して、高額BUYとの比較を後で行いたいと思います。

ブシドー (Bushido ways xNudge) 高額FS購入データ

次は、ブシドー (Bushido ways xNudge) の高額フリースピン購入(ベット額の700倍) を200回行ったときデータ分析結果を解説します。

まずは残高推移関係のデータです。ここではベットサイズは1ドルで統一しています。

START MONEY $10000
END MONEY $-4840.8
実践RTP 89.40%

低額BUYが92.38%だったのに比べ、高額BUYでは89.40%に落ちています。ただし、200回の購入の平均のため、回数を増やせば差が縮まる可能性もあります。引き続き検証の余地がありますね。

スランプグラフを見ても超高配当で巻き返してはいるものの、じわじわと残高を減らしています。

次にフリースピンの配当関係のデータを紹介します。

配当倍率を見てみると、数千倍配当がいくつか見られますが、700倍を支払っての結果であることを忘れてはいけません。ほとんどの配当は購入金額よりも低い部分に集中しています。中央値は385.4、平均値は625.796のため、左に偏った配当分布を示しています。

マルチプライヤーで頻度が一番高いものは3倍でした。

FS配当倍率平均値 625.796
FS配当倍率中央値 385.4
FS配当倍率最大値 4348
FS配当倍率最小値 49.6
勝率 31%
FS配当変動係数 1.1034

ブシドー (Bushido ways xNudge) FS購入データ比較

さて、ここからは低額BUYと高額BUYの特徴を比較してみましょう。

先ほど説明した変動係数に注目します。

Shogun Spins (低額BUY) Geisha Spins (高額BUY)
購入金額 ベット額の75倍 ベット額の700倍
平均値 69.2837 625.796
変動係数 2.2781 1.1034

これは直感に反する結果が出ましたね、面白いです。

高額BUYのほうがボラティリティが高いため、フリースピンの購入金額に対してかなり大きい高額配当が出るものだと思っていました。だからこそ、皆が高額のほうのフリースピンを買うものだと考えていました。

しかし、データ分析の結果を見てみると、実は低額BUYのほうが変動係数が高く、高額BUYの変動係数の2倍近くの値を示しています。

つまり、低額BUYのほうがボラティリティが高く、高配当を獲得して勝ち逃げできるチャンスが大きいということです。低額購入なのでチャレンジする回数も相対的に増えるので、実は低額BUYのほうが優秀!という結論になりました。

この結果から考えられるベストな立ち回りは次の通りです。

  • 低額BUYのほうが実はボラティリティが高いと判明!
  • 低確率のアップグレードを狙って高配当が出たら勝ち逃げする!
  • 残高が少なくても、低額BUYで勝負回数を増やし、低確率のアップグレードを狙いに行く(出現率7.5%, 13回に1回ほど)
博士
博士

フリースピン購入は高ければいいってもんじゃないと判明しました。これは面白い結論でした。

購入金額が分かれているフリースピン購入可能機種の解析もどんどん進めたいと思います!

GANNETをブックマーク登録して続報をお待ちください!

ブシドー (Bushido ways xNudge) スロット解析・攻略まとめ

ブシドー (Bushido ways xNudge) のスロット解析結果と攻略情報について詳しく説明しました。

  • 高額より低額BUYのほうが性能がいいと判明‼

ブシドー (Bushido ways xNudge) を実際にプレイするときに参考にしてもらえると嬉しいです。

GANNETではスロット解析部を立ち上げており、今後も様々なスロットのデータをとる予定です。

解析してほしいスロットがあれば、Twitterのほうで連絡をください!

おすすめオンカジ攻略記事

スロット解析で億万長者になったプログラマーの話

カジノスロットに必勝法があった!?乱数の流れを解析して億万長者になった男の話ビデオスロットの乱数の仕組みを解明し億万長者になった男の話を紹介。スロット攻略ヒントにつながるかも?当サイトから新規登録限定で貰えるオンカジ入金不要ボーナスもこちらから。...

【玄人向けオンカジ攻略】期待値派に朗報。最適なベット金額が算出できる「ケリー基準」について解説。

【玄人向けオンカジ攻略】期待値派に朗報。最適なベット金額が算出できる「ケリー基準」について解説。ケリー基準とは複利収益率が最も高くなる「最適なベットサイズ」を計算する方法です。オンラインカジノで期待値派におすすめの資金管理法を紹介。当サイト限定オンカジボーナス情報もこちらから。...

【オンカジ基礎知識】RTPについて詳しく知ろう!

【オンラインカジノ基礎知識】 RTPについて知ることでビデオスロットをより楽しもう!オンラインカジノのビデオスロットには RTP と呼ばれる性能の指標があります。RTP やボラティリティについて知ることで、オンカジスロットの勝率を上げよう。...

ストラテジー・ロジック・システムベットの本質を見極めよ!ダイスゲームを例に考える

ストラテジー・ロジック・システムベットの本質を見極めよ!ダイスゲームを例に考えるオンカジで稼ぐ、などと検索するとよく見るキーワードである「システムベット」「ロジック」「ストラテジー」。それって結局何をやっているの?何の意味があるの?その本質を見極めましょう。...

スロット基礎知識。必ず知っておくべきオンカジスロットの特徴

【オンカジ基礎知識】スロットについてのよくある誤解。正しい知識をもってオンカジを遊ぼう。オンラインカジノのスロットについてのよくある誤解まとめ。正しい知識をもってオンカジスロットを遊べば損失が減らせるかも?当サイト限定のオンカジボーナス情報も記載しています。...

当サイト限定 お得なオンカジボーナス一覧

当サイトから新規登録することで貰える、オンラインカジノの入金不要ボーナス・初回入金ボーナスを利用してオンカジをお得に遊ぼう。

 

こちらもオススメ!