オンカジ情報

フィリピンでオンラインカジノ175社が営業停止。違法滞在の中国人4万人を強制送還。

編集長
編集長

どうも編集長です。

最近フィリピンのオンラインカジノ175社が営業停止となり、約4万人以上の違法滞在の中国人従業員が中国へと強制送還されるという事件が起こりました。

かねてよりフィリピンでのカジノ規制が緩いことは問題点として指摘されることがありましたが、ついに政府が動き出したようですね。

本記事では、事件の経緯とフィリピンの違法オンラインカジノの闇をまとめています。

興味のある方は是非ご覧ください。

2000年台初頭、フィリピン政府はオンラインギャンブル事業を合法化することを決定しました。

当時アジアでは、フィリピンのように国を上げてギャンブルを合法化しようとする国は少なく、これに目をつけた多くの中国企業がビジネスチャンスを掴むためフィリピンへ進出し、オンラインカジノ業社(POGO)のライセンス申請を行いました。

その結果、2016年頃にはアジア人、とりわけ中国人を筆頭にオンラインカジノが乱立するようになります。

そのためフィリピンではオンラインカジノ市場が大きく成長し、2018年にはおよそ60億ペソ(約150億円)もの収益がありました。

編集長
編集長
当時のフィリピンは日本よりも物価が安かったためこの収益の大きさは計り知れないものでした。

フィリピンに蔓延る中国人経営の違法カジノ

オンラインカジノは違法か?摘発事例から法律問題を徹底検証!|オンラインカジノ比較ナビ【カジノナビ】

このような背景から、フィリピンには中国人が経営するオンラインカジノが乱立するようになります。

しかしライセンス申請を行わずに経営されている中国人経営の違法オンラインカジノも多かったのが現実で、そういったカジノは観光ビザで滞在している中国人を雇い、彼らを違法に滞在させました。その結果国内の治安は悪化し始めます。

編集長
編集長
オンラインカジノビジネスはネット上で簡単に作ることが出来るため、カジノ運営ライセンスを取得しないまま違法に経営している悪質なオンラインカジノ会社が300社以上あると言われています。

違法オンラインカジノの労働環境

フィリピンで乱立する中国経営のオンラインカジノの闇【違法ビジネス】 – セブセレクトツアーズ マガジン

こういった背景には、中国国内の20代の若者の就職難があり、彼らにとって高時給のフィリピンの違法オンラインカジノに就職するのは当然の選択でした。

しかし、フィリピンのオンラインカジノで働く中国人の若者たちには、パスポートを没収され、3〜4人用の部屋に10人程が詰め込まれ、休みは月に1回のみの12時間シフトで働かなければならないという地獄のような生活が待っていました。

編集長
編集長
フィリピンのオンラインカジノに就職する中国人の中には、フィリピンのハイテク企業として求人が出されて、現地についてから違法オンラインカジノであることを知らされるケースも多くあるようです。

増加を続ける中国人と違法オンラインカジノの恩恵

Are Wills Just for People with a Lot of Money? – Law Firm of Lewis Lewis Falkner

フィリピンの雇用と賃金を押し上げた違法オンラインカジノ

増加を続ける違法オンラインカジノと不法滞在の中国人はフィリピンに大きな恩恵をもたらしました。

違法オンラインカジノが増加することでフィリピン国内の雇用と賃金が増加したのです。

違法オンラインカジノは経営やカジノ運営などは中国人によって行われますが、掃除や警備員、雑務等の仕事には現地のフィリピン人が雇われることが多く、合法のオンラインカジノも合わせると最大15万人のフィリピン人がオンラインカジノ関係の仕事をしていると言われています。

また2018年のデータによれば、フィリピンのオンラインカジノはライセンス料や規制手数料として74億ペソ(188億円)の収入があり、POGO労働者から年間240億ペソ(610億円)の税金を徴収する見込みがあったとのことです。

中国の違法オンラインカジノで儲かる不動産業界

また、フィリピン国内で一番多くの不動産テナントを所有している業界はオンラインカジノ業界だといわれています。

フィリピンのオンラインカジノの合計不動産面積は100万平方メートル以上を締めていると言われており、オンラインカジノが密集しているフィリピン・マニラでは家賃が暴騰しているのが現状です。

2019年7月の調査によると、マニラ湾の1ベッドルームアパートの価格は120%の上昇を見せるなど、オンラインカジノがいかにフィリピンを経済的に豊かにしているかがわかります。

編集長
編集長
このようにオンラインカジノは違法合法問わずフィリピンの経済を支えてきたのです。

違法オンラインカジノと中国人がもたらした闇

Criminal Stock Photos, Royalty Free Criminal Images | Depositphotos

犯罪増加

こうした良い影響があった反面、オンラインカジノと違法滞在の中国人の増加による悪い影響もたくさんありました。その一つが犯罪の増加です。

上述したように、フィリピンのオンラインカジノ利用者の大半は中国人で、その中国人移住者が増えると自然とオンラインカジノユーザーは増え、多額の借金を抱える者も増えていきました。

その結果、借金返済のために強盗や誘拐、詐欺といった犯罪行為をする者が増加し、フィリピンの治安は悪化しました。

フィリピン警察によると、2017年1月〜2019年10月の間にオンラインカジノの従業員または顧客の身代金目的の誘拐事件が65件起きており、132人が逮捕されたと言います。

そしてその犠牲者と加害者のほとんどが違法滞在の中国人だったこともわかっています。

賄賂の横行

また、入国時の賄賂も横行するようになります。

例え入国禁止リストに載っていようと、有罪判決を受けた犯罪者であろうと、中国人であればフィリピンの入国管理局にて10,000ペソ(約25,000円)を支払うことで、空港内で特に質問や検査されることなくフィリピンに入国することができました。

フィリピンがそういった中国人犯罪者達の隠れ蓑になっていたこともオンラインカジノ増加の闇と言えるでしょう。

編集長
編集長
経済的にはフィリピンを支えてきたオンラインカジノですが、このように治安や国家のイメージを悪化させてきたのも事実です。

違法オンラインカジノが規制されなかった理由

Finanzas – ¿LEGAL O ILEGAL? | Desafio Joven

フィリピン前大統領・ロドリゴドゥテルテ大統領は2019年8月に新規のオンラインカジノライセンスの申請を一時的に停止しましたが、翌月にはすぐに停止を解除しました。

その理由として、ドゥテルテ前大統領は「国の利益の為」としてオンラインカジノの必要性を主張しました。

また新型コロナウイルスの世界的流行でオンラインカジノを一時的な閉鎖から営業再開を許可した2020年5月にドゥテルテ前大統領は「オンラインカジノは不可欠な事業」だとしていました。

しかし、ギャンブル犯罪と通信詐欺は密接に関連しているため、一部のフィリピンでのオンラインカジノギャンブルが中国での犯罪と社会問題を増加させているとマニラの中国大使館は2019年8月に声明を出しています。

更に中国政府は「フィリピンのオンラインカジノのライセンス新規申請を一時停止するだけでなく廃絶すれば更に感謝する」と述べており、中国側はフィリピンのオンラインカジノ事業廃絶を求めていました。

しかしそれに対してドゥテルテ前大統領は、フィリピンの雇用を増やし多額の税金などの収益も国に入ることから、オンラインカジノ業界を全面的に取り締まるつもりはない意思を示していました。

編集長
編集長
この段階ではオンラインカジノがもたらす経済的メリットの方が重要だと判断されていました。しかし2022年5月にドゥテルテ前大統領からボンボン・マルコス大統領に政権が変わったことで事態は変化します。

ついに動き出す政府

Police arrest 21 in child sex racket | Daily News

マルコス新大統領による新体制は旧ドゥテルテ体制と違い、オンラインギャンブルを取り締まっていく方針を立てていました。

そして2022年9月26日、ついに政府が動き出します。フィリピン政府はオンラインカジノを運営する175社を営業停止させ、働いていた約4万人の中国人従業員を強制送還することを決定しました。

強制送還される中国人達はフィリピンにおいてオンラインカジノによる詐欺、人身売買、監禁等の犯罪行為を行っていた違法滞在者とのことです。

地元不動産コンサルタント会社によると、オンカジ運営会社の撤退により住宅の賃料や所得税、公共料金、賃金など年1900億ペソ(約4655億円)の経済損失が見込まれるそうです。

編集長
編集長
この事件の背景には新政府がオンラインカジノをはじめとしたオンラインギャンブル全体を取り締まっていくという方針があります。今回の中国人4万人の強制送還はそういった政府のキャンペーンの一環だということですね。

当事件の参考記事:

https://jp.reuters.com/article/philippines-china-gambling-idJPKBN2QS002

日本への影響

この事件を通して、日本のオンラインカジノ業界への影響は特にありませんでした。

日本でのオンラインカジノの利用は違法ではなく、罪に問われることはありません。

引き続き日本のオンラインカジノユーザーの皆さんは安心してオンラインカジノプレーを楽しむことができます。

編集長
編集長
ネット上ではオンラインカジノは違法だ、合法だと根拠のない情報があちこちに転がっていますが、正式には違法でも合法でもありません。

当サイトの立ち位置としてはオンカジは「合法性が高い」とみなしており、読者の皆さんに優良オンカジサイトの宣伝を行っております。

最後に

編集長
編集長
今回はフィリピンで起こったオンラインカジノに関わる事件をまとめました。

現在日本では、日本国内で海外運営のオンラインカジノの利用は合法性が高いとされています。

しかし、業界が業界なだけあって全てのオンラインカジノが安全というわけではありません。中には詐欺や犯罪行為を行うやばいオンラインカジノがあるのも事実です。

そこで当サイトでは、日本人が安心して楽しむことができるオンラインカジノを紹介しています。当サイトで紹介されるオンラインカジノは全て、オンラインカジノ勤務経験がある私が徹底的に調査して安心・安全だと確認できたものです。

最後に当サイト厳選のおすすめオンラインカジノの一覧記事を載せておきますので、興味のある方はチェックしてくださいね。

当サイト限定 オンカジボーナス情報

当サイトで紹介しているオンラインカジノは全て、ライセンスを取得し、海外で健全に運営されている優良オンラインカジノです。

ボーナスを利用してお得にオンラインカジノを楽し見ましょう!

当サイトが最もオススメするオンカジ、コニベットの入金不要ボーナス情報はこちら!当サイト限定のボーナス内容となっています!

【より好条件!】コニベット入金不要ボーナス20ドルと30フリースピンの受け取り方!実は50ドルのボーナスより好条件!追加フリースピン獲得は当サイト限定。コニベット (konibet) 入金不要ボーナス20ドルと30回のフリースピンの内容・受け取り方についての記事です。初回入金ボーナス情報やコニベットのオススメゲームについても詳しく記載しています。...

入金をしなくても無料でもらえる、入金不要ボーナス一覧。勝利金も出金のチャンスあり!

【条件業界トップ】オンカジ入金不要ボーナス一覧。新規登録だけで合計219ドル+フリースピン339回をゲット!元オンカジ社員が専門家目線で厳選した、安全かつ皆様が楽しめるオンラインカジノの入金不要ボーナス一覧ページ。その名の通り、入金するだけでもらえる無料ボーナスになっておりますので、このボーナスを使ってぜひ一度オンラインカジノを体験してみてください!...

入金時にビッグボーナスを獲得できます。オンカジに詳しい編集長のおすすめ入金ボーナスリストはこちら。

【最新初回入金ボーナス一覧】オンカジに詳しい編集長が選んだおすすめボーナスリスト。元オンカジ勤務経験のある私が専門家目線で選んだ、最新の優良オンラインカジノの初回入金ボーナスをまとめています。 初回入金ボーナスを利用してお得にオンカジを楽しもう。...
こちらもオススメ!