カジノミー

オンラインカジノで稼いだお金には税金がかかる条件とは?簡単に解説します。

編集長
編集長
どうも、編集長です。今はちょうど確定申告の時期ですね。オンラインカジノで稼いだお金について、課税がどうなるのか気になる方も多いことでしょう。

今回の記事では、オンラインカジノで稼いだお金には税金がかかる条件について簡単に説明します。

ちょうど今は確定申告の時期ですよね。オンラインカジノで遊んでいて、高配当を獲得したときに「この勝利金には税金がかかるの?」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

オンラインカジノで勝利した利益には税金がかかるのか、また、どのくらい利益を出すと税金がかかるのかについては、カジノミー様が非常に詳しくサイト内でまとめており、今回の記事ではそれを参考に重要点をピックアップして解説します。

このような税金に関する情報まで載せているカジノミーはユーザー目線に立っており、非常にサポートの手厚いオンラインカジノですね。

カジノミーは最強オンラインカジノ!魅力や特徴、ボーナス情報を徹底解説します。カジノミー Casino.me は本当にオススメできるオンラインカジノです。まだカジノミーに登録したばかりのプレイヤーやこれから登録を考えている方向けに、オススメである理由を徹底解説します。...

オンラインカジノでの勝利金には税金がかかるのか?

課税対象となる条件

結論として、オンラインカジノで得た利益には税金がかかります。

それには条件があり、オンラインカジノでの年間収益が50万円を超えた場合は、税金がかかるということを覚えておきましょう。

その際、確定申告も必要になります。

オンラインカジノの課税の分類

オンラインカジノの利益は「一時所得」という所得に分類されます。

「一時所得」とは例えば、これらが該当します。

  • クイズや福引きなどの懸賞金
  • 競馬やパチンコなどの公営ギャンブルで得た払戻金
  • オンラインカジノの課税対象金

    実はオンラインカジノでは、損失額を利益から差し引くことができず、また、負けた時はベット額を支出としてカウントできません。

    簡単にいうと、

    日当たりで計算をするならば、損失が出た日は計上せず、利益が出た時のみを計上(勝利金 − ベット額)します。

    この総額が 50 万円を超えた場合、課税の対象となります。

    一時所得の課税方法は総合所得なので、給与所得や雑所得と足して、所得全体の金額を出しましょう。

    あとは全体の所得額に応じて、5%〜40%の6段階の課税となります。

    まとめ

    編集長
    編集長
    今回の記事では、オンラインカジノで稼いだお金には税金がかかる条件について簡単に解説しました。

    そのほか、確定申告の具体的な方法についてもカジノミーでは「攻略ミー」というページで詳しく解説しています。

    カジノミーは利用しやすさ、ボーナスも業界最高であり、このようにユーザーサポートも手厚い優良オンラインカジノです。興味を持った方ははぜひ遊んでみてくださいね。

    こちらもオススメ!